マカオで顔認証ATMその目的は(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年7月14日9:00

マカオといえばカジノ。そこのATMはギャンブラーのためのものだが、マネーロンダリングを目的とした外貨引出が横行している。

 

2016年の国外への資本流出額は816億ドル(9兆円)を突破。これを規制するため、ATMでの本人確認を強化することになった。

 

これまではPINで本人確認をしていたが、顔認証によって正確に個人の身元を特定する。マカオのATMで現金を引出すためには、6秒間カメラを凝視しなければならない。

 

マカオには1,200台のATMがあるが、これらに顔認証装置とソフトウェアが搭載される。運営するのはChina Union Pay(銀聯)である。ATMにはKYC(Know Your Customer:本人確認)シールが貼られる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop