2020年に向けて注目の決済最新動向

2017年7月12日9:36

国内では国際ブランドのデビットやプリペイドカードのイシュアの拡大、Apple payやAndroid Payの開始など、決済の裾野は徐々に広がっています。

近年は、決済サービスと連携した独自性のあるカードの展開、モバイルサービスを行う企業・店舗も目立つようになりました。

今後は銀行口座直結のモバイル決済サービス、モバイルQR支払い、個人間送金・決済、仮想通貨、国際ブランドの非接触決済サービスやID決済サービスの展開に加え、中国や台湾といった海外現地の決済サービスの取り込みなども期待されます。

また、国内で提供されているデビットカード「J-Debit」でも2018年4月から、キャッシュアウトサービスの開始が予定されています。

そこで、今回は注目の決済サービス、事例を紹介します。

■GINZA SIXリテールマネジメント
「GINZA SIX」がメンバーシッププログラム「GINZA SIXカード」とスマホアプリ「GINZA SIXアプリ」を提供

■北海道銀行
台湾金融カードによるATM現金引き出しサービス・ショッピングサービスの全国展開を加速
北海道銀行、道銀カード、NTTデータの協力関係強化によって全国区のサービスに

日本電子決済推進機構(日本デビットカード推進協議会)
J-Debit「キャッシュアウトサービス」開始に向け、運用ルールやシステムの整備が進む
J-Debitの注目度向上・利用活性化につなげ、キャッシュレス化推進の一翼に

■今後、ピザハット、Japan Taxi、Pollet、ゼンショー等の掲載を予定

■ペイメントナビメールマガジン読者の方には先行配信を実施予定です。ぜひ、ご登録をお願いします(登録サイト)。

page toppagetop