8月30日午後「日本の決済ビジネス最前線セミナー」開催、NRIの宮居氏が講演

2017年7月14日9:00

多様化する日本のペイメントビジネスの動向について紹介

国内では、クレジットカード決済に加え、デビットカードやプリペイドカードの発行も目立ってきました。また、Apple PayやAndroid Payといった非接触IC決済に加え、QRコードを活用したモバイル決済も増加しており、さまざまな○○Payが生まれています。そのほか、モバイルを活用した送金サービスなど、新たな決済サービスも注目を浴びています。そこで決済関連の執筆、講演が豊富でシステムにも詳しい、野村総合研究所の宮居 雅宣氏に、日本のペイメントビジネスの動向について、ご紹介いただきます。

■講師
野村総合研究所 金融ソリューション事業二部 上級コンサルタント 宮居雅宣

■講演内容(予定)
①国内のクレジットカードビジネスの動向
②プリペイド・電子マネーの今後の方向性
③ブランドデビット、J-Debitの注目点
④増え続ける●●Payの分類
⑤Fintechをはじめとした新たな決済シーンの展望

<宮居氏プロフィール>
1990年JCB入社。新サービス企画や業務設計、セキュリティ対策や回収等の実務経験を基に、99年にはFeliCaを大量発行しNFC対応方針を策定。2000年に業界代表者としてETCカードを実現するなど業界のIC化を牽引。「デュアルインターフェイスカード」「子カード方式」などを造語。
05年NRI入社。電子マネー事業の立上げや新決済サービス実現支援など、実務経験に基づくコンサルや実行支援に従事。
「カード決済&セキュリティの強化書」「キャッシュレス革命2020(日経BP社 共著)」「月刊消費者信用(短期連載)」「2015年の決済サービス~決済の脱「ガラパゴス化」(東洋経済新報社 共著)」「電子決済ビジネス(日経BP社 共著)」など執筆、講演多数。

■開催概要
●主催:TIプランニング
●会場 銀座 中小企業会館(地図URL
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座2-10-18
●2017年8月30日13時30分~15時30分(受付は13時00分~)
●参加者の価格:9,720円(税込)
★お申し込みの際は「日本の決済ビジネス最前線セミナー」とご記載ください。

○8 月30日午前開催、海外の動向に詳しいNCB Lab. 主任研究員 姥貝 徳尚氏講演の「NFCだけがモバイル決済じゃない 注目のチップレスモバイル決済最新動向」セミナーとセットのお申込みでお得なプラン「ペイメントナビ・Wセット」を提供。日本と海外の動向を1日でまとめて把握できるプランとなります。:2017年8月30日午前開催「NFCだけがモバイル決済じゃない 注目のチップレスモバイル決済最新動向」セミナー(価格:5,400円)と両方のセミナーをお申込みいただいたお客様は価格15,120円(税込)が14,040円(税込)に特別割引(セミナーのタイトル名に「ペイメントナビ・Wセット」としてお申し込みください。)

※「Paymentnavi Dream Memer」の皆様は専用フォームをご案内します。

【事前に必ずご確認のうえお申し込みください】
・ご講演スライドと配布資料はご講演企業の意向により、異なる場合があり、配布がないケースもございます。
・また、会場の後方はスライド画面が見えにくい場合がございますので、当日は前方にお座りいただくことをお勧めします。
・セミナー中の写真撮影、録音はお断りさせていただきます。

▶▶本セミナーのお申込みは終了しました。

※クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)および銀行振り込みが可能です。
※銀行振り込みでお申し込みの場合、当社からご請求書を発送させていただきます。クレジットカードでお申し込みの場合、弊社からお申し込みフォームを後ほどお送りさせていただきます。セミナー開催日までのお振込みをお願いします。
・参加費の振り込み後はご返金いたしかねますので、併せてご了承ください。また、当日ご来場できない場合は、代わりの方にご出席いただくようお願いいたします。
キャンセル料金:10日前まで料金の30%、9日前まで料金の50%、セミナー当日から5日前まで料金の全額
・本セミナーにお申し込みいただいた皆さまには、今後弊社よりご案内をお送りさせていただく場合がございます。お申し込みに先立って、お申し込みページのプライバシーポリシー(個人情報保護方針)にご同意の上、お手続きくださいますようお願い申し上げます。
・ご講演スライドと配布資料はご講演企業の意向により、異なる場合がございます。
・また、会場の後方はスライド画面が見えにくい場合がございますので、当日は前方にお座りいただくことをお勧めします。

page toppagetop