『地銀アプリ with CRECO』が山梨中央銀行、足利銀行に導入(アイ・ティ・リアライズ)

2017年7月14日12:09

アイ・ティ・リアライズは、同社が開発・運営する地方銀行/信用金庫向けパッケージソリューション『地銀アプリ with CRECO』が、山梨中央銀行と足利銀行に導入されることが決定したと発表した。

『地銀アプリ with CRECO』(アイ・ティ・リアライズ)

2017年7月18日からスタートの「山梨中銀アプリ通帳 with CRECO」は、山梨中央銀行の預金口座情報(入出金/残高情報)をカレンダー形式で表示。過去の入出金明細についても閲覧期間の制限はないという。また、山梨中銀ディーシーカードが発行するクレジットカード一体型キャッシュカード「JiMOCA」・「山梨中銀ディーシーカード」の利用明細をカレンダー形式で表示・管理可能だ。さらに、他のクレジットカード利用明細・請求書も一元管理できるCRECO標準機能が付属。

一方、足利銀行では、2017年10月からサービスの開始を予定している。足利銀行が発行する「GOODYカード」の利用明細をカレンダー形式で表示・管理。また、GOODYカード加盟店からのPR情報(お得なクーポン等)を受信可能だ。さらに、GOODYカード加盟店の利用やネットショッピングでポイントを獲得できる。

なお、『地銀アプリ with CRECO』は、地方銀行・信用金庫向けの「スマホ版バンキング通帳アプリ」と「アプリユーザーと地元店舗を結びつける地方創生支援サービス」を統合したパッケージソリューションとして2017年1月に販売開始したもの。現在、他の地方銀行数行も導入を検討中だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop