SMSを活用した決済ソリューション「Payment Mail」提供(ゼウス)

2017年7月14日16:04

ゼウスは、スリープロエージェンシーと業務提携契約を締結し、スリープロエージェンシーが提供するSMS(ショートメッセージサービス)を活用して、請求通知からクレジットカード決済までパッケージ化した代金収納サービス「Payment Mail」の提供を開始したと発表した。

「Payment Mail」のクレジットカード決済フロー

SMSは、携帯電話番号を宛先として、短いメッセージを送信するサービスとなる。日本では異なる携帯電話会社間においてSMSの利用が制限されていたが、2011年に相互接続が開始されたことにより利用者が拡大した。

また、SMSは通信キャリア変更による影響を受けにくく到達率が高いこと、メッセージ受信の通知が画面上に表示されるため開封率が高いこと、スマートフォンやフィーチャーフォンに標準搭載されているため利便性が良いこと等から、顧客接点の有力な手段として注目を集め、現在では郵便・電話・メールの代替手段として、さまざまな業界で活用され始めている。

このような状況の中、ゼウスでは到達率および開封率が高いというSMSの特長を活用した、スリープロエージェンシーが提供する代金収納サービス「Payment Mail」を提供することとした。同サービスは、追加のシステム開発や特別な機器等は必要なく、低コストかつ短期間で導入することが可能となる。

株式会社ゼウス

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-1-1
青山ファーストビル9F

オンラインクレジットカード決済に関しては1999年より開始し、現在ではコンビニ支払、電子マネー、銀行振込、Web口座振替等の多彩な決済手段を提供しております。
また、2010年からは実店舗向けに汎用型POS端末を提供。決済処理は対面取引電文で行っております。2011年9月には業界では先駆となる日本クレジット協会のガイドラインに基づいたスマートフォン決済の実運用を開始しております。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop