スペインのデパート、エル・コルテ・イングレスのハウスカードがSamsung Pay登録可能に(ジェムアルト)

2017年7月21日18:23

ジェムアルト(Gemalto)は、スペイン最大のデパートであるエル・コルテ・イングレスのカード利用者が、「Samsung Payモバイルウォレット」へ登録することを可能にしたと発表した。

エル・コルテ・イングレスのハウスカードのSamsung Pay登録イメージ(Gemalto)

ジェムアルトの「トラステッド・サービス・ハブ(TSH)」により、エル・コルテ・イングレスのカード保有者は、モバイル決済サービスへの移行が可能になる。同技術により、フィナンシエラ・エル・コルテ・イングレスは、スペイン初のSamsung Payモバイルウォレットサービスを採用するハウスカードプロバイダとなる。また、プライベートブランドカードにEMV対応を可能とするPURE(ホワイトラベルの決済アプリケーション)を活用した同ソリューションにより、エル・コルテ・イングレスは決済システムを自社で運用することが可能となる。

現在、1,100万以上の顧客がエル・コルテ・イングレスのカードを保有している。顧客は、ジェムアルトのTSHプラットフォームでオンライン利用登録をするだけで、Samsung Pay上にデジタルカードを作成することができるという。

ジェムアルトのTSHがデジタル化およびトークナイゼーションのプロセス全体を担うことで、エル・コルテ・イングレスのカード保有者は、物理的なカードの資格情報をトークンと呼ばれるカード支払い用のデジタル情報に置き換えることができるそうだ。スマートフォンにはトークンのデータのみが保管されるため、カード情報は詐欺や不正使用から保護される。また、顧客は、商品やサービスの支払いにデジタルカードを使うことができ、生体認証で取引の承認を行うことが可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop