マクドナルド店舗で電子マネー「nanaco」、「Suica」等の交通系電子マネー導入(日本マクドナルド/三井住友カード)

2017年7月25日15:57

日本マクドナルドと三井住友カードは、全国のマクドナルド店舗 (約2,900店舗) において、2017年8月1日から、電子マネー「nanaco」、「Suica」等の交通系電子マネーによる決済サービスを開始すると発表した。なお、利用可能な交通系電子マネーは、「Kitaca」、「Suica」、「PASMO」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の9種類となる。

これまでマクドナルド店舗では、電子マネー「iD」「WAON」「楽天Edy」の決済サービスが利用できたが、今回、新たな電子マネーを導入する。なお、マクドナルドでは今回の交通系電子マネーの導入以降、「Visa」「Mastercard」などのクレジットカード、および「Visa payWave」「Mastercard Contactless」などのNFCによる決済サービスを順次導入予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop