常陽銀行本店で口座直結型スマートフォン決済を利用したサービスを検証(エムティーアイ)

2017年7月26日21:32

エムティーアイは、常陽銀行と、口座直結型スマートフォン決済を利用したサービスの実証実験を、2017年8月1日より常陽銀行本店にて開始すると発表した。

口座直結型スマートフォン決済の実験を常陽銀行で実施(エムティーアイ)

同実験は、水戸ヤクルト販売の協力のもと、常陽銀行本店の従業員を対象としたヤクルト商品の訪問販売時の支払いを、口座直結型スマートフォン決済にて行いサービスの利便性や有用性の検証を行うもの。

具体的には、常陽銀行本店の従業員が、ヤクルト商品の購入時に指定されたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み込み実行処理を行うことで、事前に登録した支払い用口座から直接の代金支払いを可能にする、口座直結型スマートフォン決済の利便性を検証するそうだ。 これにより行員は現金やクレジットカードなどを所持する必要がなく、財布を持ち歩く手間や支払い時のストレス、手持ちの現金の心配から解放されることが期待できるとしている。また水戸ヤクルトの販売員は、お釣りの準備や販売後の入金処理など、現金を扱う時間が短縮されることで、業務の負担軽減や購入者とのコミュニケーションの活性化などが見込めるそうだ。

口座直結型スマートフォン決済のイメージ(エムティーアイ)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop