ツルハグループで「Edyオートチャージ」が可能に(楽天Edy)

2017年7月27日13:28

楽天Edyは、ツルハホールディングスが展開するドラッグストア約1,755店舗において、2017年7月26日から残高不足時に「Edy機能付き楽天カード」を店頭の決済端末にかざすと、自動的にEdyがチャージされる残高不足解消機能「Edyオートチャージ」を開始すると発表した。まずは、 ツルハドラッグ元町店とツルハドラッグ山梨中央店の2店舗において利用可能となり、 8月末までに全店舗に対応予定だ。

今回、ツルハグループ全店にEdyオートチャージが対応することで、 Edy機能付き楽天カードへの事前のEdyチャージが不要となる。 楽天Edyは、 2005年10月から、 ツルハ全店に楽天Edyを導入し、買い物時に電子マネーでの支払いができ、 店頭にて現金でのEdyチャージもできるようになった 。

なお、Edyオートチャージは、Edy機能付き楽天カードにチャージされたEdyの残高があらかじめ設定した金額を下回ると、 自動的にEdyをチャージする仕組みとなる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop