NTTデータと連携してECサイト事業者向けに銀聯カード決済提供、千趣会「ベルメゾンネット」で採用(三井住友カード)

2017年7月27日20:36

三井住友カードは、NTTデータと連携し、インターネット商取引(EC)におけるUnionPay(銀聯)カード決済の提供をECサイト運営事業者向けに開始したと発表した。

これにより、NTTデータの決済システムを導入する日本のECサイトにおいて、世界中で約65億枚発行されている銀聯カードのユーザーに対し、決済環境を提供することが可能となり、中国を中心とした銀聯カードユーザーの利便性向上と、新規顧客の取り込みを狙う。

同取り組みにおいては、セキュリティの高い銀聯の決済方式である「SecurePay」を採用。SecurePayは、銀聯が運営するWebサイトへ遷移し、ワンタイムパスワードや暗証番号等入力する決済方式

なお、NTTデータとの連携においてSecurePayでの最初の案件として、千趣会が運営するECサイト「ベルメゾンネット」にて、2017年7月27日より、銀聯カード決済サービスを開始した。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop