ロシアの商業銀行「YAR Bank」の完全子会社化(SBIホールディングス)

2017年7月28日20:30

SBIホールディングスは、2011年6月より、ロシアの総合金融グループであるMETROPOL Investment Financial Company Ltd.(本社:ロシア連邦モスクワ市)との合弁事業として持分を保有していた、ロシアにおける商業銀行であるCommercial Bank “YAR-Bank”(limited liability company)(同社グループ出資比率:49.5%)が発行する全持分を取得し、同社の完全子会社とすることで合意したと発表した。

YAR Bankは、主に個人向けにクレジットカード、デビッドカード、預金、支払い等の決済サービスを提供しており、2014年6月からはSBIグループが培ってきたオンライン金融事業を中心とする知見を活用し、オンラインバンキング事業を一部開始している。

SBIホールディングスでは完全子会社化を機に、SBIグループの投資先FinTechベンチャーとの協業などを通じ、オンラインで本格的に、より革新的で顧客便益の高い商品・サービスを提供していきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop