NYモバイル投資が40億円調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年7月31日9:00

ニューヨークのフィンテックベンチャーが4,000万ドルの調達に成功した。2015年創業のスターシュ(Stash)である。これを含め5回のラウンドで調達した資金は7,875万ドルになる。

 

スターシュのターゲットは若年層。投資の初心者である。自分のライフスタイルやリターンなどにあった投資が可能で、最低5ドルからスタートできる。

 

投資額5,000ドルまでの手数料は毎月1ドル。それ以上になると0.25%を利用者からもらう。

 

すでに85万口座を保有。そのうち86%が新規投資家だ。新規申込者は毎週25,000人を超えるというからすごい。

 

今回調達した資金は、顧客ニーズにあわせた商品を提案できるパーソナル化や、教育ツール、退職に備えた新商品の開発にあてる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop