アルコール配達に6億円(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年8月1日9:00

UberEatsやPostmates、GrubHub、Deliverooなどフードデリバリーに資金が集まっているが、アルコール飲料に特化したデリバリーサービスにも注目が集まっている。

 

ソーシー(Saucey)はその1社。今回シリーズAラウンドで540万ドルを調達した。これまでのものも含めると、総計1,020万ドルになる。

 

本社はロサンゼルス。創業は2013年。30分以内にワインやビール、ウィスキーなどを届ける。従業員はわずか25人だが、クーリエと呼ばれる配達員は2,300人いる。

 

アルコール専門のデリバリーサービスはSauceyのほか、DrizlyやThirstie、Swillなどがある。デリバリーサービスはモバイルコマースやIoTの進展で、今後さらに発展すると予測されている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop