ペイパルがV提携拡大で欧州市場強化(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年8月3日9:00

ペイパルとVisaは米国やアジアパシフィックではすでに協業しているが、欧州でも提携し協業することになった。

 

ペイパルはオンライン決済が主流だが、Visaと提携することによって、リアル店舗でのモバイル決済を可能にした。Visaのマーチャントであれば、ペイパルを使えるようにしたのである。

 

このスキームを欧州でも展開し、欧州市場でのペイパルの利用を拡大することになった。Visa利用者はペイパルのオンライン加盟店で使える。

 

ペイパルは米国でVisaと提携したのち、MastercardやDiscoverとも提携している。欧州でも同様に他の国際ブランドとも提携していきそうだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop