スマートビリングサービスと提携して「SBS Executive Business Card」を発行(三井住友カード)

2017年8月1日17:05

三井住友カードは、スマートビリングサービス(SBS)と提携し、法人代表者・個人事業者を対象としたクレジットカード「三井住友ビジネスカード for Owners」の機能にSBSの会員サービスを付帯した「SBS Executive Business Card」の会員募集を、2017年8月1日より開始すると発表した。券種は、年会費1万円のクラシック(一般)カード、年会費2万円のゴールドカードとなる(ともに年会費初年度無料、税抜)。

左から「SBS Executive Business Card」「SBS Executive Business Gold Card」(三井住友カード)

「三井住友ビジネスカード for Owners」は、会社の経費管理事務合理化のためのソリューションとして、法人代表者・個人事業者向けのクレジットカードとして発行している。一方、SBSの法人事業においては、中小企業のビジネスオーナーが主な顧客層となっている。

今回、両社が協働し、「三井住友ビジネスカード for Owners」にSBSの独自特典として、コストダウンサポート等のサービスを優待割引などで利用可能な「SBS Executive Business Card」を発行することで、ビジネスオーナーにとってより利便性の高いカードとなるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop