チャットボットのコスト削減効果(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年8月5日9:00

有人対応のコンタクトセンターがチャットボットに置き換わる。2022年までに80億ドルのコスト削減効果があると、Juniper Researchが発表した。

 

AIを活用したチャットボットは、年々進化し洗練されてきている。Juniperはチャットボットを「利用者との会話を想定してデザインされたコンピュータプログラムで、会話をきっかけとして自動処理されるもの」と定義している。

 

チャットボットの導入により、コールセンターの処理時間が平均4分削減。2017年の精度は20%とまだ低いが、2022年までに精度が93%まで高まるとしている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop