Visaが投資したフィンテック(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年8月8日9:00

Visaが戦略投資したのはマーケッタ(Marqeta)という会社。2010年創業のフィンテックスタートアップである。

 

本拠はカリフォルニア州オークランド。Visaの投資額は2,500万ドル。これを含め4回のラウンドで合計7,127万ドルを調達している。

 

マーケッタはB2Bモデルで、カード発行プラットフォームを公開APIで簡単に利用できるサービスを提供している。SquareやKabbage、Affirm、Instacartなどが顧客。

 

プリペイドやデビット、クレジットカード、バーチャルカード、モバイル決済など多様なソリューションを用意している。オープンAPIのカード発行プラットフォームというのは世界初らしい。

 

Visaは簡単にカード発行できるこのプラットフォームをかつぎ、市場を拡大する。マーケッタはVisaの国際営業ネットワークを活用して、世界展開を目論んでいる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop