決済代行サービスが「EC-Orange VR」に対応開始(ペイジェント)

2017年8月7日18:18

ペイジェントは、同社が提供する決済代行サービスが、エスキュービズムが提供するバーチャルコマースパッケージシステム「EC-Orange VR」の標準決済手段として2017年8月3日より対応を開始した。

「EC-Orange VR」のイメージ(ペイジェント)

これにより、「EC-Orange VR」を導入したEC事業者は「クレジットカード決済」「コンビニ番号方式決済」「コンビニ払込票方式決済」「銀行振込仮想口座方式決済」の4種類の決済が導入可能になるという。

なお、「EC-Orange VR」は、エスキュービズムの既存サービスであるECサイト構築パッケージ「EC-Orange」において、VR(バーチャルリアリティー:仮想現実技術)に関する特許を持つタッグ、画像認識技術を持つ共同印刷と共同で開発したバーチャルコマースを実現するパッケージシステムとなる。

ペイジェントは「EC-Orange VR」の販売パートナーとして、EC事業者に向けて「EC-Orange VR」を提案するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop