バリューデザイン、韓国のカフェチェーン「COFFEE BAY」にハウス電子マネーサービスを導入

2017年8月9日8:35

今後、韓国のハウスプリペイドにおけるリーディングカンパニーを目指す

バリューデザインは、韓国でカフェチェーンを展開するCOFFEE BAYに、2017年4月13日から「バリューカードASPサービス」を提供したと発表した。同サービスではプラスチックカードに加え、アプリでの決済に対応した。バリューデザインでは、韓国市場において、カフェや飲食のフランチャイズチェーンへの営業を強化しており、日本(店舗数)同様にリーディングカンパニーを目指している。

COFFEE BAYではハウス電子マネーとアプリ活用により顧客囲い込みを強化

COFFEE BAYは、韓国17都市、451店舗を展開しており、韓国でトップ10に入る規模を誇る。COFFEE BAYでは、電子マネー機能付きのポイントカード、およびモバイルアプリの両方を展開。同サービスでは、入会時は「ファミリー」だが、初回入金で「シルバー」、決済回数30回以上で「ゴールド」、決済50回以上で「VIP」と、1年間の利用に応じて会員ランクがアップする。また、友人にモバイル経由でギフトを贈ることも可能だ。また、ポイントは10個貯まるとコーヒーが1杯無料となる。

COFFEE BAYが電子マネー付きポイントカードシステムを導入した理由は、顧客の維持、囲い込みだ。事前チャージや電子マネーによる決済、ポイントサービス、顧客のランク付けなどにより、顧客リピート率をアップさせていきたいそうだ。また、「お客様のビッグデータを活用したマーケティングをしたいという要望をいただいています。電子マネー機能によりお客様を増やし、クーポンなどにより送客することでより利用を促していく予定です」とバリューデザイン 営業本部 韓国総括事業部長 朴 珍珪(パク ジンギュ)氏は話す。COFFEE BAYでは、会員の属性、来店回数の状況などのデータを把握できるため、マーケティング展開をより図りやすくなる。さらに、将来的には事前に商品を注文し、指定した時間に商品を受け取る「事前注文・決済サービス」も計画している。

バリューデザイン 営業本部 韓国総括事業部長 朴 珍珪(パク ジンギュ)氏

サービス開始後は、モバイルの入会者の伸びの方が高いという。カードの場合は、利用者がカードを購入する必要があり、その情報をベースにモバイルと紐付ける形となるが、モバイルは登録すればそのまま電子マネー機能付きのポイントカードとして利用可能だ。

モバイルを活用したプリペイド市場が大きく成長する可能性も

なお、韓国ではクレジットカードの決済が浸透しており、カフェチェーンでの決済など、比較的少額の支払いでも利用されている。COFFEE BAYのハウス電子マネーへのチャージではクレジットカードからのチャージにも対応しているため、リピーターにはハウス電子マネー機能を積極的に利用してもらいたい考えだ。COFFEE BAYでは、会員数5万人、会員1人あたり毎月2~3万ウォンの利用を目指している。

COFFEE BAYではモバイルアプリを積極的に訴求

 

なお、COFFEE BAY へのサービス導入においては、DAEYOUPAYと連携した。同社は決済VAN会社出身のスタッフが運営しており、韓国のフランチャイズ企業との接点も深い。今後もコーヒーチェーンをはじめ、チキンやピザチェーンといった飲食など、フランチャイズ店舗への営業を協力して行っていくそうだ。

韓国では、汎用的な交通乗車券の非接触カードは普及しているが、一部の店舗を除いて、クローズドなサーバー管理型のプリペイドカードはこれまで広がってこなかった。そんな中、韓国人はスマホを使ったサービスに日本以上に慣れ親しんでいるとも言われており、近年はモバイルアプリでのメンバーシップカードが登場。スターバックスやTOM N TOMS COFFEEなどではスマートフォンによるプリペイドサービスが展開されており、「プリペイドカードを導入する店舗はカフェを中心にここ1~2年で増えてきました」と朴氏は説明する。韓国では、カフェの文化が根付いており、出勤前やお昼休みなどでコーヒーを楽しむことが多いことから、メンバーズカードやプリペイドカードとの親和性は高いという。

「プリペイドの認識が徐々に高まっていること、アプリを活用したインハウスのサービスが広がっているため、韓国でプリペイドカードの利用が大きく伸びる可能性は十分にあります」(朴氏)

韓国は重要な市場の1つとして、今後も展開を強化

なお、韓国ではVAN業者がプリペイドカードの営業を行うほか、プリペイドサービスを展開するベンチャーの競合も複数登場している。

韓国での決済手数料については、クレジットカードが2.5~3%だが、プリペイドカードの場合、それよりも低く抑えることができるという。ただ、モバイルを活用したサービスの場合、アプリの開発や付随するサービスの開発が必要となるため、それよりも高くなるケースもあるそうだ。

バリューデザインは、日本に加え、中国、シンガポール、タイ、フィリピンなどの地域でプリペイドサービスを展開しているが、韓国も重要な市場の1つとして、今後も営業を強化する方針だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop