3D名入れシミュレーター搭載ショッピングカート「Cross Commerce(クロコマ)」との連携開始(ゼウス)

2017年8月9日17:16

決済サービスプロバイダのゼウスは、インフォマークスが提供する3D名入れシミュレーター搭載ショッピングカート「Cross Commerce(クロコマ)」において、ゼウスが提供するクレジットカード決済サービスとの連携を開始した。

これにより、「クロコマ」を利用する事業者は、自社サイトに追加のシステム開発等を行うことなく、PCI DSS Version3.1に完全準拠したゼウスのクレジット決済サービスを利用できる。

なお、決済処理の接続方式においては、クレジットカード情報漏洩対策としてクレジットカード情報の非保持化を実現するため、ゼウスとの間でトークン(JavaScript)型接続方式の対応を予定している。

「クロコマ」は、クレジットカードの継続課金や有効期限の自動延長等機能も搭載したカートシステムとなる。また、同カートのオプションサービスである「クロコマ for 名入れ」は、3D/2D名入れシミュレーターを搭載しており、テキストや写真を含めた「名入れ」に特化したカートシステムだ。メッセージや写真を印刷した品物は、イベント等に合わせて利用されるニーズが多いが、「クロコマ for 名入れ」なら、注文する前に3Dまたは2Dで、ブラウザ上で仕上がりを確認することができるという。

株式会社ゼウス

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-1-1
青山ファーストビル9F

オンラインクレジットカード決済に関しては1999年より開始し、現在ではコンビニ支払、電子マネー、銀行振込、Web口座振替等の多彩な決済手段を提供しております。
また、2010年からは実店舗向けに汎用型POS端末を提供。決済処理は対面取引電文で行っております。2011年9月には業界では先駆となる日本クレジット協会のガイドラインに基づいたスマートフォン決済の実運用を開始しております。

page toppagetop