「バンドルカード リアル+(プラス)」を発表、海外の実店舗でも利用可能に(カンム)

2017年8月18日20:22

カンムは、Visaカード「バンドルカード」の残高上限アップ版「バンドルカード リアル+(プラス)」を発表した。

「バンドルカードリアル+(プラス)」(カンム)

バンドルカードは、アプリを入れたらすぐに使用できるVisaカード、というコンセプトのVisaのプリペイドカードとなるそうだ。生年月日と電話番号だけでネット決済専用のカード番号を発行でき、コンビニ払いやキャリア決済等で先にチャージして使うタイプのVisaカードとなっている。希望者には実店舗で使えるリアルカードも送付。日本を含む全世界200以上の国と地域にあるVisa加盟店で利用できるという。なお、ビットコイン円建てチャージも実現している。

「バンドルカード リアル+(プラス)」は、カードの申込み時に、本人確認書類をアプリにアップし、カードを簡易書留で発送する(発送費600円)。また、残高の上限が、10万円から 100万円にアップ。さらに、海外の実店舗でも使うことができるという。そのほか、ガソリンスタンドやホテルなど、本人確認を取っていないバンドルカードでは使えない店舗でも使うことができるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop