デジコン決済のフィンテック米国上陸(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年8月25日9:00

ドイツのデジコン決済のフィンテックが米国市場へ参入する。その名はLaterPay(レイターペイ)、2010年の創業だ。

 

レイターペイはオンライン動画や記事、音楽などデジタルコンテンツの小額を対象にした決済サービスを提供している。

 

ユニークなのは特定の金額になるまでは決済しないということ。つまり後払いだ。だから社名はレイターペイ。後で払おう、と利用者に呼びかけている。ドイツでは5ユーロになった時点で精算する。米国では5ドルになるまで請求しない。

 

ビジネスモデルはB2B2C。メディア企業が顧客で、その利用者へ後払いのサービスを提供する。これまで新聞社は月次での定期購読をベースにしていたが、レイターペイを導入すれば、アラカルトで記事を配布できる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop