メガネのオンデーズが「ビットコイン」決済を4店舗で導入

2017年8月24日23:00

オンデーズは、2017年8月9日から、仮想通貨「ビットコイン」決済の導入を開始した。 導入店舗はインバウンド(訪日外国人)の来店が多い、池袋西口店、秋葉原ラジオ会館店、 なんばウォーク店、那覇国際通り店の4店舗となっている。

メガネのオンデーズ 仮想通貨「ビットコイン」導入(オンデーズ)

オンデーズは、現在世界10カ国に展開しており、海外からの利用者も多く、旅行客の来店もある。中でも秋葉原ラジオ会館店では、「ビットコイン」決済の利用が高まっている中華圏からの旅行客が顧客の5割を占めるという。世界各国で仮想通貨の利用が広がる中で、日本国内外での通貨に限らず決済が可能であり、手数料も安価な「ビットコイン」は、 決済手段の幅を広げ、 顧客利便性向上につながると考え、導入を決断したそうだ。

オンデーズ新宿マルイアネックス店では、マルイグループがビットコイン・ブロックチェーン企業であるbitFlyerが提供するアプリ「bitFlyer ウォレット」によるビットコイン決済サービスの試験導入にあたり、2017年10月31日まで利用が可能となる。また9月から、オンデーズオンラインストアでも「ビットコイン」決済の試験導入を開始する予定だ。

page toppagetop