EU即時決済におびえる国際ブランド(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年8月28日9:00

2017年11月、SEPA(単一ユーロ決済圏)の即時決済(Instant Credit Transfer)がスタートする。SEPAの加盟34カ国間で共通利用できるサービスだ。

 

即時決済の上限は15,000ユーロ(約200万円)。24時間、365日銀行口座間の送金が可能となる。

 

2018年1月からPSD2が施行されるが、これによってフィンテックなどのサードパーティもこのサービスを利用できるようになる。

 

銀行にとってSEPA即時決済への参加は自由。現在39の金融機関がインフラへ投資している。先行する金融機関は、2017年11月から競争優位性を獲得できるかもしれない。

 

5億人の人口を抱える欧州で、SEPA即時決済が利用されれば、国際カードブランドは不要になる。事実、VisaやMastercardなどは危機感を覚え、独自決済ネットワークの開放へ舵を切っている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop