米国モバイル決済会社が破綻(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年8月30日9:00

米国の銀行や信用金庫向けにモバイル決済ソリューションを提供しているディジリティ(Digiliti Money Group)は、日本の民事再生法に相当するChapter 11(連邦破産法)を検討しているようだ。

 

ディジリティはナスダックの上場会社。第2四半期の業績悪化を受けて、8月第2週にCEOが退任していた。

 

監査法人は2016年の決算報告書の署名を拒否。現在新たな資金調達先を探しているようだが、あてがないという状況。

 

ディジリティは2010年創業のフィンテック企業。クラウドを活用したSaaSモデルで、モバイルソリューションを提供していた。ずさんな経営が今回の破綻の原因だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop