2018年秋からICOCAの利用に応じたポイントサービスを導入へ(JR西日本)

2017年9月7日16:47

JR西日本は、ICOCAの利用に応じたポイントサービスを新たに導入すると発表した。導入は、2018年秋となり、サービス導入エリアはICOCAエリアとなる。

ポイントサービスの利用登録がされたICOCAで自動改札機を利用(入場・出場)した時の利用状況を1カ月間(1日から末日まで)で集計し、利用の区間や回数など、JR西日本で定めた条件に適合した場合、利用の内容に応じたポイントを付与するサービスとなる。付与されたポイントはチャージすることで、列車の利用や買い物に使用可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop