福島県相馬市を中心とした地域での決済環境整備を促進(相双五城信用組合/コイニー)

2017年9月15日8:15

相双五城信用組合とコイニーは、スマートフォンやタブレット端末を使った決済サービス「Coiney(コイニー)」を使い、福島県浜通り・宮城県南部を中心とした営業地域内の事業者に対し導入の支援を行うビジネスマッチング契約を締結し業務提携を開始した。

今回の提携により、相双五城信用組合の各営業店を通じて地域内の飲食店や小売店に限らず、観光施設や医療機関など支払いが行われるすべてに対し、Coineyを使った決済環境を整備し、キャッシュレス環境整備を推進していくという。

また、地元事業者が県外の催事への出店時にも現金以外の支払いができる環境を提供し、催事での消費の受け入れ体制の整備も行う。これらの取り組みにより地元企業の機会損失を防止し地域経済活性化に貢献していきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop