ロイヤルティ プログラム「STARBUCKS REWARDS」提供開始(スターバックス コーヒー ジャパン)

2017年9月19日22:20

スターバックス コーヒー ジャパンは、2017年9月20日から、ロイヤルティ プログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」の提供を開始すると発表した。

顧客は「スターバックス リワード」プログラムに参加することで、一人ひとりにあった限定商品の購入や限定イベントへの招待などのサービスを受けられるようになるという。Web登録済みの「スターバックス カード」で商品を購入することで、ドリンク、フード、コーヒー豆などの商品と交換することができる「Star(スター)」を集めることができる。

具体的に、顧客は、スターバックス カードをWeb登録することで、プログラムに参加できる。すでにスターバックス カードをWeb登録している人は自動的にプログラムの参加となる。

顧客は、商品を購入してStarを集めるが、Web登録済みのスターバックス カードによる支払い50円(税抜)あたりStarが1つ集まる。また、StarのグレードにはGreen StarとGold Starの2種類がある。始めはGreen Starとなり、1年以内にGreen Starを250Stars集めると、Gold Star が集められるようになる。

顧客は、Gold Starは150Starsごとに、店舗でドリンク、フード、コーヒー豆などの好きな商品1品と交換できるReward eTicket(税抜700円まで)を公式アプリや公式ホームページで発行できる。

Reward eTicket(スターバックス コーヒー ジャパン)

今回、プログラム開始を記念して、「Catch the Magic Stars」キャンペーンを実施。9月20日~10月17日の期間中に10 Stars以上集めた人の中から、抽選で5万5,500名にサプライズプレゼントを届けるそうだ。

なお、「スターバックス リワード」の提供開始に合わせて、iPhoneおよびAndroidスマートフォン向けスターバックス ジャパン公式モバイルアプリも一新する。スターバックス モバイルアプリは、現在約180万ダウンロードを記録しているが、集めたStarの確認や特典への交換もしやすくなるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop