共通ポイント「Ponta」と、電子マネー「CoGCa」搭載の一体型カード「アルビスPontaカードプラス」の募集を開始(セディナ/アルビス)

2017年9月22日22:36

セディナは、アルビスと提携し、ロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイント「Ponta(ポンタ)」と、エス・ビー・システムズが運営するスーパーマーケット共通電子マネー「CoGCa(コジカ)」の機能を搭載した多機能一体型クレジットカード「アルビスPontaカードプラス」を発行し、2017年9月27日より申込受付を開始すると発表した。年会費は、本人会員が初年度無料、次年度以降1,000円(税抜)、家族会員が初年度無料、次年度以降300円(税抜)となるが、カードショッピング年間1回以上利用で、次年度年会費も無料となる。また、国際ブランドはMastercardブランドを付帯している。

「アルビスPontaカードプラス」

「アルビスPontaカードプラス」は、「Ponta」ポイント、電子マネー「CoGCa」、クレジットカードの機能を1枚に搭載した多機能一体型クレジットカード。アルビス店舗での利用に加え、全国のPonta提携店、CoGCa加盟店、国内外のMastercard加盟店での利用でPontaポイントが貯められ、貯まったポイントは1ポイント1円相当として、アルビス店舗をはじめ全国のPonta提携店で使うことが可能だ。

具体的な特徴として、アルビス店舗でのカードショッピングの利用で、通常200円(税抜)につき1ポイントのところ、いつでも3ポイント(3倍)貯まるという。また、毎月第1日曜日に、アルビス各店で「アルビスPontaカードプラス」会員限定の「ポイントご優待デー」を実施。カードショッピングの利用で、200円(税抜)につき7ポイント(7倍)貯まるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop