バーチャルギフトNo.1はどこ?(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年9月30日9:00

バーチャルギフトカード大手のキャッシュスターは、提携有名ブランドが75社を超えた、と発表した。ブランドカテゴリーは、大手小売、ファッション、エンタテイメント、飲食など多様。

小売では、全米最大のドラッグストアCVSやホームデポ、ステイプルズ、コンテナストアなど。

飲食では、ピザハット、全米最大フルサービスレストランのランドリーズレストラン、カジュアルダイニングのブリンカーインターナショナル、チーズケーキファクトリーなど。

ファッションとエンタテイメントでは、Web専門小売のホットトピック、ミュージックサイトのショックハウンド、リーガルシネマなどがキャッシュスターの顧客だ。

これらギフトカード総取扱高は30億ドル(約2,700億円)になる。キャッシュスターは、バーチャルギフトカード分野で最大のリーダーになった。

キャッシュスターのバーチャルギフトカードは、オンラインで使えるほか、プリントアウトすればリアル店舗でも使えるのが特徴。

オンラインショッピングやオンラインゲームの隆盛で、バーチャルカードの人気は沸騰しはじめている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop