近距離交通費の経費精算自動化に向けSuicaを活用した実験実施(コンカー/JR東日本/日本交通/国際自動車/大和自動車交通)

2017年9月25日22:20

コンカーと、JR東日本、日本交通、国際自動車、大和自動車交通は、近距離交通費の経費精算自動化に向け、Suicaの利用履歴データを活用した共同実証実験を2017年10月より開始すると発表した。

Suicaデータサーバーと「Concur Expense」 実証実験イメージ(JR東日本、コンカーなどのプレスリリース)

鉄道およびタクシー等の利用履歴データを「Concur Expense」と直接連携させ、経費精算の約半数を占める近距離交通費の経費入力業務の完全自動化を目指し、ビジネスパーソンの新しいワークスタイルと新しいビジネスの可能性を探るという。

「Concur Expense」に格納される国内の経費支出データを分析すると、ビジネスパーソン が行う経費精算の約半数が鉄道、タクシー等の近距離交通費が占め、経費精算時の乗車区間 や日付、運賃等の確認と入力作業が大きな負担となっているそうだ。また、現在「Concur Expense」で提供している、交通系ICカードを読み取り機器で連携する方法では、機器の購入・設置コストが発生する。

なお、コンカーは同事業の全国展開を目指しており、Suica以外の交通系ICカードでの実証実験の実施に向けて、現在複数の交通系ICカード発行事業者と交渉中だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop