「平成29年九州北部豪雨」災害で「永久不滅ポイント」による義援金を福岡県に寄付

2017年9月25日22:45

クレディセゾンは、「九州豪雨災害」により被害を受けた人々への支援として、2017年7月 8日~8月31日までの期間、セゾンカード・UCカード会員から、同社のポイントプログラム「永久不滅ポイント」を通じて、義援金の受付を実施した。義援金寄付総額は50万円となり、9月25日に福岡県へ振り込みを行った。

福岡県副知事 副知事 大曲 昭恵氏(左)、クレディセゾン 取締役 武田 雅子氏(中央) 、九州 支社長 支社長 鈴木 隆夫氏

また、9 月25日、福岡県庁において、カード会員から寄せられた義援金の報告を行い、福岡県 大曲副知事へ目録を届けたそうだ。

大曲副知事より、「復興・復旧はまだまだこれからで、今後の生活を不安に思う住民も 多数いる状況である。被害にあった朝倉市周辺は、産地である博多万能ネギをはじめ農作物への影響も大きく、いろいろな支援やサポートが不可欠な状況にあり大変感謝している」 との言葉をもらったという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop