東京ドームと提携し、電子決済サービス「Alipay」導入(オリコ)

2017年9月27日23:00

オリエントコーポレーション(オリコ)は、東京ドームと提携し、東京ドームの運営するセレクトコスメショップ「shop in(ショップイン)」の一部店舗と、東京ドームシティ内の「宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)」に、電子決済サービス「Alipay(支付宝:アリペイ)」を、2017年9月28日より順次導入すると発表した。

Alipay決済端末イメージ(オリコ)

Alipayは、中国オンライン決済で50%以上、モバイル決済では80%以上のシェアを誇る中国最大規模のオンライン決済サービスであるという。ネット上のオンライン決済のほかに、スマートフォンにバーコード・QRコードを表示させるリアル店舗向けの対面決済サービスを展開し、中国国内の80万の加盟店および海外の7万の加盟店で利用可能だ。

今回のAlipay導入においては、従来型のタブレット端末による決済手段に加えて、Android OSを搭載した最新の決済端末を初めて導入する。Android OS搭載による操作性の向上で、オペレーションの簡易化を実現。また、プリンター内蔵型のハンディタイプで、決済端末の設置場所まで顧客に移動してもらう必要がなく、その場で決済を完了させることができるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop