Ledgerと提携して仮想通貨取引向けセキュリティインフラを提供(ジェムアルト)

2017年10月4日21:47

デジタルセキュリティベンダーのジェムアルト(Gemalto)と、仮想通貨およびブロックチェーンアプリケーション向けセキュリティインフラを提供するLedger社は、2017年10月4日、仮想通貨管理アプリケーション向けの高度なセキュリティインフラの提供において、技術提携すると発表した。

両社の共同ソリューションは、Ledger社独自のBlockchain Open Ledger Operating System(BOLOS)を、ジェムアルトの「SafeNet Hardware Security Module(HSM)」に統合し、金融機関向けに仮想通貨活用に向けた安全性の高い環境を提供するとしている。同ソリューションにより、仮想通貨の投資商品としての取り扱い開始や、仮想通貨の安全な保管など、幅広い用途を実現するとしている。

ジェムアルトでは、Ledger社との提携により、セキュアエレメントを内蔵するすべての機器にBOLOSを埋め込むことで、金融サービス市場に加え、スマートエネルギーアプリケーション、ホームオートメーションやウェアラブル市場などに高度なセキュリティを提供するための取り組みも行っていきたいとした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop