米国小売の最繁忙日はデジタルへ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年10月9日9:00

米国は12月のホリデーシーズンの準備期間にはいった。今年の小売売上はどうなるのか。セールスフォースが調査した。

 

米国小売の最繁忙日は11月第4週の金曜日。ホリデー向けのギフト購入などで小売店の在庫がなくなることからブラックフライデーと呼ばれている。

 

インターネットが普及してからは、週明けの月曜日をサイバーマンデーと呼び、ネット通販の最繁忙日となった。

 

この様相がモバイルの普及で変わっている。セールスフォースによると、2017年のブラックフライデーは、デジタルショッピングの最繁忙日になると予測した。サイバーマンデーを上回るという。

 

実は2016年も同様、ブラックフライデーのデジタルショッピングがサイバーマンデーを上回っている。モバイルがショッピング習慣を大きく変えている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop