カードデータで街を再発見(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年10月10日9:00

カード利用データから利用者の購買パターンと行動を読み取り、それをマップに落とし込むと、街の状況がはっきりとわかる。そんなプロジェクトを推進しているのは、スペインに本拠を構えるBBVAの調査機関BBVA Data & Analytics。

 

活用したのはマドリッド、バルセロナ、メキシコシティで1年間に利用されたカードデータ4億1,300万件。観光客が多い地区、居住区、若年層がショッピングするエリアなどを色分けできる。

 

開発は地図作成会社のカルト(Carto)と協業。アーバンディスカバリー(Urban Discovery)と呼ばれるソフトで、ディスプレイ上のマップに、カード利用状況をマッピングできる。

 

居住者と観光客は、どのような動線で購入するか。3時間の間に、同じ人物が連続購入するのはどこか。という考察も可能だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop