ポーランドで携帯IDカード(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年10月22日9:00

ポーランドでは2018年から携帯電話に個人のIDカードを登録し、持ち運べるようになる。

 

これと同様のシステムはすでにオーストリアやエストニアで利用されている。

 

ポーランド政府は現行法の改正を準備中。警察などに提示を求められた際は、携帯電話のIDカードですむ。

 

この新システムは徐々に拡大する予定。運転免許証や車検証、学生証なども順次デジタル化して、モバイルで表示できるようにする計画だ。

 

ポーランドの人口は3,800万人。全国民のID情報はクラウドに格納される。携帯電話にはデータを残さない。

 

利用する際には、テキストメッセージで受け取るコードを入力する必要がある。セキュリティのためだ。2要素認証である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop