スキージャンプの葛西紀明選手と高梨沙羅選手を日本のTeam Visaメンバーとして発表(Visa)

2017年10月17日19:52

ビザ・ワールドワイド(Visa)は、2017年10月17日、平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックに向け、スキージャンプの葛西紀明選手および高梨沙羅選手を日本のTeam Visaメンバーとして発表した。両選手は、17カ国、40名超のオリンピアン・パラリンピアンで構成されるTeam Visaメンバーの一員となる。

葛西選手は、19歳で出場したアルベールビル1992冬季オリンピックを皮切りに、以来リレハンメル、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー、ソチと史上最多計7回の冬季オリンピック出場している。1994年のリレハンメル大会団体で銀メダル、そしてその20年後のソチ2014冬季オリンピックでは個人ラージヒルで銀メダル、団体で銅メダル、オリンピックで3個のメダルを獲得した。 その長い選手活動とかつ第一線で活躍することから「レジェンド」と呼ばれ、平昌2018でオリンピック8回目の出場と、自身まだ未獲得の金メダルを目指す。

高梨選手は、8歳からスキージャンプを始め、15歳で出場した初のメジャー大会である、 ラムサウ・アム・ダッハシュタインで開催されたコンチネンタルカップで優勝を果たす。 FISワールドカップでは、53勝の個人記録、そしてFISワールドカップシーズンタイトル4勝記録を持つ。ソチ2014冬季オリンピックでの雪辱を果たし、平昌2018での金メダルを目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop