「三井住友VISA太平洋マスターズ」公式アプリ提供、御殿場市内で使えるクーポン配信(三井住友カード)

2017年10月17日20:25

三井住友カードは、主催する男子ゴルフトーナメント「三井住友VISA太平洋マスターズ」において、2017年度版大会公式アプリの提供を2017年10月17日より開始したと発表した。

アプリ画⾯イメージ。2016年実績として、来場者のアプリ利⽤率は⼤会期間中平均約 82%、プッシュ通知の開封率約21%となった

「三井住友VISA太平洋マスターズ」は、今年で開催45回目を迎える。同大会においては、2014年より大会公式アプリを提供している。

同公式アプリでは、昨年までと同様、選手ペアリング情報やリアルタイムのスコア情報、選手の位置情報(選手のプレー中ホール)を配信するほか、会場内で使えるクーポンや、御殿場市内53店舗で使えるクーポンを掲載している。

また、今年度からは、会場内マップに各ホールの説明を追加したほか、文字を大きく見やすくする改善を行った。

御殿場市内クーポンは、御殿場市内の飲食店、小売店、ホテル等で割引が受けられたり、プレゼントがもらえる特典内容となる。さらに、同公式アプリをダウンロードした人に御殿場市内のホテル宿泊券やお食事券等が当たる地元協力会主催の抽選会も実施する。

なお、クーポンの配信については、GPSおよび Beaconを活用し、利用者が「今いる場所」に関連する情報をリアルタイムに配信することで、利用者にとってより有益な情報を提供することを目指すそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop