ファミマTカード(クレジットカード)、 店頭募集時にタブレット端末利用開始(ポケットカード)

2017年10月18日20:08

ポケットカードは、ファミリーマートと共同で発行している「ファミマTカード(クレジットカード)」のファミリーマート開店時等の店頭での入会受付において、2017年10月中旬より、凸版印刷の電子申込サービス「Speed Entry Plus for Credit」を導入し、タブレット端末の利用を順次開始すると発表した。

電子申込サービス「Speed Entry Plus for Credit」の利用イメージ(ポケットカード)

従来、店頭でのクレジットカードの申し込みは、利用者が専用入会申込書に必要な項目を多数記入しなければならない。今回導入する「Speed Entry Plus for Credit」は、タブレット端末からタッチ操作による選択入力・手書き文字入力を活用しており、クレジットカード申し込みをスムーズなものにするそうだ。またカメラ機能を使用することで、運転免許証内の記載事項(氏名・年齢・住所・免許証番号等)が自動で入力され、入力の手間と時間を短縮することが可能になる。

さらに、電子申込サービスの導入により、利用者が入力した情報は直接同社のサーバーに送信されるため、タブレット端末に情報は残らず、個人情報管理の安全性が向上される。

なお、タブレット端末の導入は、一部の新店・リニューアルオープン店の開店時の店頭入会受付で導入し、順次拡大する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop