公式アプリ上でポイントを使う・貯めることができるサービスを開始(日本マクドナルド)

2017年10月23日21:21

日本マクドナルドは、スマートフォン(iPhone/Android)向けマクドナルド公式アプリにおいて「dポイントカード」と「楽天ポイントカード」を連携させ、公式アプリ上でポイントを使う・貯めることができるサービスを2017 年10月11日より実施している。

公式アプリ上でポイントを使う・貯めることができるサービスのイメージ(日本マクドナルド)

マクドナルド公式アプリは、2015年に導入し、累計約3,900万のダウンロードがある。また、2017年3月から「dポイント」、2017年6月には「楽天ポイント」の取り扱いを開始している。

10月11日から開始した同サービスにより、アプリ上でポイント機能を利用できるようになった。マクドナルド公式アプリにポイントカードを登録すると、アプリ上にポイントカードのバーコードが表示され、ポイントを「使う・貯める」ことができるようになる。利用者は、店舗の注文カウンターで公式アプリのクーポンを使った後、そのスマートフォンでバーコードを表示してポイントを使ったり、貯めることもできる。

なお、同社では、今回のポイントカード連携を記念して、10月23日~10月30日までの期間中、公式アプリに「dポイントカード」を登録した人に、もれなくマックフライポテト(S)の無料クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop