NFCスマホをかざしてATMから入出金ができるASPサービス提供へ(DNP)

2017年10月23日21:33

大日本印刷(DNP)は、キャッシュカードの代わりに、NFC(Near Field Communication)対応のスマートフォンをATM(現金自動預け払い機)にかざして現金の入出金が行える「DNPスマートデバイス向けATM取引認証サービス」の提供を2018年から開始すると発表した。

発行イメージ(上)と利用イメージ(下)(DNP)

生活者のICキャッシュカードの情報を、ネットワーク経由でNFC対応のスマートフォン向けのアプリに登録する(カード発行)機能や、そのスマートフォンをATMにかざすと現金の入出金が可能となる機能などを提供する。DNPでは、サーバとアプリをASPサービスとして提供する。

同サービスの特徴として、スマートフォンアプリは、既存のICキャッシュカードでのATM取引の仕組みに準拠した仕様となっているため、金融機関は基幹システムなどを大幅に改修する必要がないという。また、口座番号などの重要データをスマートフォンに記録せずサーバで管理する。さらに、アプリの改ざん防止のために、堅牢化・難読化を行うことで高度な情報セキュリティを担保したそうだ。

生活者は、ATMに設置されたリーダーライターにスマートフォンをかざすことでキャッシュカードを持たなくとも入出金取引ができる。また、ATMの待ち時間にスマートフォンで取引内容を事前入力しておくことで、ATMでの操作時間を短縮可能だ。

なお、キャッシュサービスに使用するサーバは、PCI DSSに準拠しており、口座番号などのデータをセキュアに管理する。

同サービスの提供開始は、2018年からを予定。DNPは、同サービスおよび関連製品により、2020年に約10億円の売上を目指す。また、同サービスとウォレットサービスや口座開設アプリ、生体認証サービスといったスマートフォン向けの他のサービスとを連携させるサービスを提供していく予定だ。

大日本印刷株式会社

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop