アリババが150億ドルの開発投資(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年10月26日9:00

アリババグループは世界最大の経済圏を確立するため、150億ドルを投じ、リサーチハブを構築する。

 

アリババのDAMOアカデミーを、米国、中国、ロシア、イスラエル、シンガポールに8カ所設立。AIやフィンテック、量子コンピューティングなどの次世代技術の研究を加速する。

 

そのため、これらの分野のエキスパート100人を雇用する予定。アリババは現在25,000人のエンジニアを雇用している。新たなリサーチハブは、10年以内に20億人の顧客をめざすという目標達成をサポートする。

 

DAMOはDiscovery(探索)、Adventure(冒険)、Momentum(勢い)、Outlook(見通し)の頭文字をとったもの。どんなビジネスモデルが誕生するか楽しみだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop