セキュリティコードの打刻に対応した即時発行機「CP600MH-SⅢ」を開発(凸版印刷)

2017年10月27日20:06

凸版印刷はこのほど、国際ブランドデビットカードなどの発行に必要なセキュリティコードの打刻に対応した即時発行機「CP600MH-SⅢ」を開発したと発表した。金融機関の店頭でICキャッシュカードを発行し、顧客にその場で渡すことができるICキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」とあわせて2017年11月から販売を開始する。

CP600MH-SⅢ 外観(凸版印刷)

「CP600MH-SⅢ」は、セキュリティコードの打刻インデント方式に対応。郵送発行と同じ券面が店頭で発行できる。また、打刻インデントのほか、磁気ダブルストライプ、隠ぺいシール貼りなど各種オプションの選択搭載が可能だ。さらに、業界最小クラスの設置面積であるという。そのほか、発行機内のカード残数を自動計数する機能を標準装備し、事務負荷の削減を図る。

価格は、1台110万円から(100台ロット時、オプション別)。凸版印刷は、ICキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」の導入サポート、発行・ASPサービス、保守サービスなどの機能を拡充し、銀行やクレジットカード会社など全国の金融機関に向けて「CP600MH-SⅢ」を販売し、2020年度に関連受注を合わせ約60億円の売上を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop