アマゾンがティーンズ口座新設(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年10月31日9:00

アマゾンは13歳から17歳のティーンズを対象に、利便性の高いショッピング方法を提供する。これまでは親のアカウントを使ってログインしていたが、これからは自分のアカウントでログインできるようになる。

 

子供の口座は親の口座と紐ついているため、子供が利用すれば、親に通知が届く。親は注文を承認したり、1回の注文の限度額を事前に設定したりできる。

 

通知内容は、購入アイテム、価格、配送先住所、そして決済情報。テキストメッセージやE-mailで届く。子供は購入理由、例えば「授業で必要な本」というコメントをつけられる。

 

親はテキストメッセージで承認。あるいは、直接注文ページにアクセスし、内容を詳しく確かめてから承認することも可能だ。

 

親がプライム会員であれば、子供も追加料金なしでプライム特典を利用できる。プライム配送、プライムビデオ、ゲームなどは無料。

 

アマゾン経済圏での子供のショッピング売上を拡大する狙いだ。将来の優良顧客の早期囲い込みである。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop