「楽天ペイ(実店舗決済)」を活用した完全キャッシュレスをロイヤルホールディングス新規店で実現(楽天)

2017年11月2日8:54

楽天は、ロイヤルホールディングスが2017年11月6日にオープンする「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」(東京都中央区日本橋)において、楽天の決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」が採用されたと発表した。

今回、誕生する新規店は、クレジットカード決済(6ブランド)と主要電子マネー(14ブランド)による決済のみが利用できる、現金を使わない、完全キャッシュレスを実現するという。導入決済は、クレジットカード(Mastercard、JCB、Visa、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVER)、電子マネー(「楽天Edy」・「Suica」・「PASMO」・「Kitaca」・「TOICA」・「manaca」・「ICOCA」・「SUGOCA」・「nimoca」・「はやかけん」、「nanaco」、「WAON」(2018年サービス開始予定)、「QUICPay+」、「iD」となる。また、「楽天Edy」に対応しているため、Googleが提供する「デジタルウォレット」サービス「Android Pay 」による決済も可能だ。

新規店では、利用者が、テーブル上のタブレットPCでメニューの注文や、合計金額の算出ができ、支払いの際は、「楽天ペイ」の端末へ決済情報を連動させ、クレジットカードや電子マネーでの支払いが行える。レジでの会計や、支払金・お釣りの受け渡しによる現金のやりとりが不要となるほか、決済情報が「楽天ペイ」上で連携される。

今後、「楽天ペイ」のアプリを活用したQR読み取り機能も導入予定で、アプリ上で決済できるだけでなく、累計発行数1兆ポイントを超える「楽天スーパーポイント」を貯めたり使ったりすることができる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop