スマートホーム機器の普及が加速(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年11月8日9:00

部屋の明かり、空調、洗濯、掃除…。これまでスイッチのオンオフなどの作業が必要だった家電などが、音声でコントロールするスマートホーム機器にかわりつつある。それも急速に。

 

調査会社のフォレスターは、スマートスピーカーを搭載したスマートホーム機器が2022年までに全世界で2億4,400万台になると予測した。

 

2016年現在の普及台数は2,400万台。そのうちアマゾンエコーが約半数を占めている。2017年の予測は2倍だ。音声コントロールのスマートホーム機器はアマゾンが牽引する。

 

フォレスターによると、米国のアマゾンプライム会員は4,800万人。2017年は会員の28%がエコーを保有、2022年には61%に拡大するとみている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop