豪州銀行3行が共同モバイル送金へ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2017年11月11日9:00

Beem(ビーム)というサービス名をつけた。光線を意味するBeamとかけているのだろう。それほどスピード感のある個人間モバイル送金決済サービスがオーストラリアで可能になる。

 

Beemはコモンウェルス、NAB、ウェストパックの3行が合弁会社形式で立ち上げたモバイル送金決済サービス。個人やスモールビジネスを対象にしている。スタートは2017年末。

 

銀行口座と直結したサービスで、どの銀行へも即座にモバイル送金決済が可能になる。これまでは、最大3日間かかっていた。利用料は無料。iOSとAndroidの両方で機能する。

 

この3行。実はアップルとApple Payの契約を結んでいない。利用料をアップルに取られることを嫌ったからである。ゆえに、モバイル非接触決済ではなく、モバイル送金決済を選んだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop