地域活性化を目指した「MORIO-Jでんき」を提供開始(盛岡VC/フェリカポケットマーケティング/ENS)

2017年11月7日19:19

盛岡Value City(盛岡VC)、フェリカポケットマーケティング、イーネットワークシステムズ(ENS)の3社は、2017年11月1日、電気販売に関して業務提携を行い、地域活性化を目指した電力プラン「MORIO-Jでんき」を提供すると発表した。

左からMORIO-J カード、マスコットキャラクター「くらんちゃん」(盛岡VC/フェリカポケットマーケティング/ENS)

MORIO-Jポイントとは、盛岡市内の地元の店舗の買い物に加え、施設やイベント、コミュニティ活動等でもポイントが貯めて・使える、行政も参加する地域共通ポイントとなる。2015年3月より盛岡市内の商業振興および地域コミュニティの活性化を目的としてスタートし、現在では190加盟店・約10万枚のカードが発行されている。

同プランの導入により、月々の電気代も安くなり、さらにMORIO-Jポイントを利用者へ還元する。
貯まったMORIO-Jポイントは、盛岡市内7カ所のMORIO-Jステーション端末に「MORIO-Jカード」をかざすことで受け取れ、ポイントの加盟店で1ポイント=1円相当の買い物が可能だ。

「MORIO-Jでんき」を供給するENSは、電力事業において豊富な実績のある丸紅グループの電力会社、「丸紅新電力」と提携し、東北電力管内に対して電力を供給する。

3社では、2018年12月末までにMORIO-Jでんきポイントプラン契約件数1,000件を目指す。

page toppagetop