カード・プログラムがシンガポールの発行会社の認可を取得(Monaco)

2017年11月8日11:27

決済・仮想通貨プラットフォームを提供するスイスのMonacoは、2017年11月1日、同社のプリペイドカード・プログラムが、カード発行会社の認可を取得したと発表した。このカード発行会社は、シンガポールで決済処理・製品発行を行っている。

「Monaco Visa」プリペイドカード

シンガポールのiOS/Androidユーザーは、Monacoアプリをダウンロードし、Monaco Visa Platinumプリペイドカードを含む5種類の利用可能なオプションの中から、Monaco Visaプリペイドカードを選択し、3分間のチュートリアルを完了すれば、順番待ちリストに登録される。

Monacoアプリのユーザーは、ビットコインやイーサリアムを含む仮想通貨の購入・交換が可能だ。Monaco Visaプリペイドカードは、Visa加盟店で利用することができ、通貨交換手数料を支払うことなく、仮想通貨を法定通貨に交換し、支払うことができる。仮想通貨から法定通貨への交換はすべて、ユーザーがVisaネットワーク上で取引を行う前に、Monacoによって管理される。

なお、現状、カードの発行・利用共にシンガポールに限られるが、今後日本を含むアジア各国でサービスを展開予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop